先輩を知る INTERVIEW

横浜営業所

従業員数 45名(ドライバー:30名/荷揚げ:12名/フォーク:3名)
車両数 保有35台(稼働30台)
年齢層 25~55歳(30・40代中心)
特徴 30代~40代を中心とした社員が活躍する横浜営業所。若手が多い営業所ではありませんが、その分、10年以上一緒に働く仲間も多く、気心が知れた仲。互いを尊重し合い、安心感のある空気が流れる営業所です。
所長メッセージ

横浜営業所 所長 東瀬 好彦
横浜営業所は明るい雰囲気だけど、決してバカ騒ぎする感じではないし、誰かが突っ走る感じでもありません。メリハリをつけて、楽しむ時は和気あいあいと楽しみながら、みんな仕事は仕事できっちり真面目にやってくれています。ドライバーは会社の顔でもあるから、現場での挨拶なども大切。だから、元気な挨拶のできる人だと嬉しいですね。自分次第で十分に稼げる環境なので、モチベーションも高く働けると思いますよ。

比嘉 コウジ

所属横浜営業所
年齢25歳
入社年度あいまい(17歳で入社?/一度退社/2014年度横浜へ/社歴計5~6年くらい)

稼げる上に、休日や福利厚生もしっかりしてる。
嫁さんの両親も安心だったんじゃないかな?

前職は屋根屋。本社で働いていた小学校時代からの友達が誘ってくれたのが、自分とマルアサ梱包商会との出会いです。きちんと休みも取れるし、保険などの制度もしっかりしていて、「ちゃんとした会社だな」というのが最初の印象。あとは、頑張った分だけ稼げる給与体系に惹かれ、入社を決めました。

はじめは本社で、荷揚げの仕事からスタート。数年やった後、ドライバーの仕事もやるようになり、引越の関係で横浜営業所へと移ってきました。ちなみに、誘ってくれた友達は今も厚木で頑張っていますよ!

入社した時はまだ10代で怖いもの知らずだったし、友達もいたので、正直、不安とかは全然ありませんでした。「稼げる?いいね!」くらいの軽い感じで(笑) もちろん肉体的にキツい部分もあるし、夏の暑さは勘弁してほしいけど、仲間とワイワイ体を動かして汗をかくのは気持ちが良くて、自分は好きですね。自由な時間もわりと多くて、仲間と話をしたり、トラックを洗車したり、筋トレをしたり、仮眠を取ったり… みんな思い思いに過ごしています。

仕事に関しては、効率よく仕事量をこなすため、全体として「スピード感」を意識しています。でも、現場では「丁寧さ」が優先。それから「挨拶」ですね。現場にいる職人さんや建設業者さんにはもちろん、近隣に住んでいる一般の方々への挨拶も大切。それによって現場への印象がよくなることもありますからね。後輩に対してあまり細かいことは言わないタイプなんですが、そこはしっかりと伝えるようにしています。

後輩といっても、自分は営業所の中で最年少なので、周りは年上ばかり。入社したての10代の頃は年上の方にもタメ口で話していたんですが、いつからか敬語が使えるようになっていました。幅広い年代の方が働いているから、仕事の合間や仕事終わりにコミュニケーションを取る中で、社会で活きるスキルや知識が自然と身につくことも、この職場のいい所だと思います。

仲間の存在や仕事のやりがい… ここで働き続ける理由はいろいろありますが、やっぱり一番は、「頑張った分だけ稼げること」ですかね。24歳の時に結婚して、食べさせていかなくちゃいけない人ができた今、これまで以上にモチベーションもグッと上がりました。収入面はもちろん、大手グループで経営が安定していて、休日制度や福利厚生がしっかりしている会社自体が、嫁さんだけでなく、お義父さんやお義母さんへの安心感になったんじゃないかな?なんて思っています。今後の目標はマイホームの購入!嫁さんのためにも、もっともっと頑張ります!

相模原営業所

従業員数 27名(ドライバー:21名 / 事務スタッフ:4名 / 倉庫内作業スタッフ:2名)
車両数 保有21台(稼働21台)
年齢層 21~55歳(ほとんどが20代)
特徴 平均年齢30代と若手スタッフが活躍する相模原営業所。2t車の台数が多いので20代スタッフが活躍しやすい環境。控室では明るい会話が聞こえてくるなど、とても元気でアットホームな職場です!
所長メッセージ
相模原営業所 所長 関根 秀樹
日・祝はしっかり休めて生活と仕事のバランスがとりやすいのがこの会社の良いところです。夜勤とかはないので、若手は安心して働ける環境だと思います。また、本社の主催するBBQのイベントに参加も任意でしております。みんなでワイワイやりながら仕事も遊びも楽しんでくれるスタッフばかりです。プライベートと仕事をバランスよく働くにはよい環境だと思います。

サクマ セイヤ

所属 相模原営業所
入社年度 2012年
年齢 25歳

100の現場があれば100のやり方がある。
“部活”みたいで楽しいです。

前職では新聞折込チラシの夜間配送をしていたんですが、全然休みが取れなくて…。ただ運送業自体は好きだったので、その経験を活かせる仕事をつづけたいと思って転職先を探していました。その時に出会ったのが『マルアサ梱包商会』。福利厚生面や収入面が前職より良かったことに加えて、自分にとってアクセスしやすい場所に営業所があったことも転職の決め手になりました。

ただ前職と違って力仕事のイメージはあったし、出社初日はかなり緊張したのを覚えています(笑)。でもいざ仕事を教わりはじめると、先輩方がすごく気さくに話しかけてくれるうえに丁寧に教えてくれたのですごく安心しましたね。石膏ボードを持ち上げるテクニックは身体で覚えるまで少し時間がかかりましたけど、一度慣れれば効率よく作業できるようになってきます。効率よく仕事ができる=そのまま稼ぎにつながる仕事なので、モチベーションも自然と上がっていきましたね。

ちなみに僕が先輩方から教わったことで一番心に刻んでいるのは『安全第一』。当たり前に聞こえるかもしれませんけど、それは個々人にとってだけじゃなく、会社にとっても信用に関わる一番大切な部分ですから。次の日が休みで週末飲みに行く時も、先輩方が「あんまり飲み過ぎるなよ」って声をかけてくれたりするんです。そういう“しめるところはしっかりしめる”のもこの会社の特徴。ベテランの先輩方が率先してしっかり意識・行動しているので、僕ら後輩もそれを受け継いでしっかり育つんですよ。

逆を言えば、「安全」であれば作業の方法自体はかなり自由だったりします。効率よくボードを運んだりおろしたりする作業は、コツはあっても正解はないですから。そもそも、配送先の現場によって、その大工さんの考え方や作業工程は違いますよね。だから、100個現場があれば100個のやり方があるんです。現場によってはチームで運搬をしたりもするので、「じゃあこうやるのがいいかな」って考えながらみんなでボードを運ぶ作業は“部活”みたいで結構楽しいんですよ。

もちろん楽しさだけじゃなく、収入面での満足度も高いです。歩合があるので効率よく仕事ができればそれだけ稼げるし、それを会社がしっかり見てくれていて大きな現場をふってくれたりもします。休日も会社カレンダー通りしっかりとれるので、前職に比べて自分は収入も休みも増えました。今では、奥さんや子どもと一緒に朝ごはんを作ったり、公園に遊びに行ったりする機会も増えましたね。

本社

従業員数 48名(ドライバー:40名 / 事務スタッフ:4名 / 倉庫内作業スタッフ:4名)
車両数 保有50台(稼働46台)
年齢層 20~55歳(20・30代中心)
特徴 3つの営業所の中でも最大規模の本社。最年少は20歳、最年長は55歳と幅広いですが、毎年行われるBBQには、従業員の家族も合わせて100人以上が集まるほどの団結力のある営業所です。
所長メッセージ

所長 飯田 貴史
仕事の数だけ、給与に反映される当社のドライバーの仕事。月の手取りは、マイペースな人でも30万、トップクラスだと、50万、60万を普通に稼いでいます。安定した収入が得られるので、家族を養いながら働く仲間が多く、入社後に「マイホームを買った!」という話もよく聞きますね。体を使う仕事なので、特に夏場は大変かもしれませんが、しっかりと稼いで、自分や家族の生活を守っていきたい人にはお勧めの職場です。

安藤 星

所属 本社
入社年度 2014年
年齢 20歳

同級生より、絶対稼いでます!
もっと稼ぎたいし、もっと認められたい!

知り合いが働いていたので紹介をしてもらい、高校卒業と同時に「マルアサ梱包商会」に入社しました。父親が運転する車の助手席から見る風景が大好きだった、小さな頃。
そんな僕にとって、毎日、道路を走れる運送業で働くことは自然な流れだったと思います。

最初の内は当然ですが、体力的にきつかったのが本音。それでも、僕がそうだったように、2.3ヶ月もすればみんな自然と慣れてくるみたいです。そして、働いた分だけ明確に給料に反映されるので、「これを頑張れば、今日は●万の稼ぎだ!」と思える毎日。だから、疲れた時も“もうひと頑張り”が生まれるので、仕事へのモチベーションが下がることはないですね。

周りの先輩の存在も、続けられている大きな理由の一つです。入社直後は、搬入するボードの持ち方などで注意されることもありましたが、「ボードが傷つくから」「周りの人が危ないから」…など、明確な理由があるものばかり。頭ごなしに怒られることは無かったので、素直に反省し、次に活かしていくことができました。そして、仕事が終わってから、飯に連れていってくれたり、事務所で缶ジュースを飲みながらバカな話や、将来の話をしたり…。そんな楽しくて、尊敬もできる先輩や仲間がいるので、トラックの中や現場では一人の時間が多い仕事ですが、孤独を感じることはなく働けています。

年齢や社歴に関係なく、頑張った人が稼げる会社なのが、マルアサ梱包商会。稼げる水準も高めなので、地元の友達と比べても、たぶん僕の方が多い! 口には出しませんが、ちょっと自慢や自信にもなりますね。高卒3年目の僕でも、普通に一人で家族を養えるくらいは貰えていると思います。あ、でも僕の場合は、今のところ結婚の予定はないので、自分の為にそこそこの額の貯金をしています(笑)今欲しいものは、「レクサスRX」!現実的に、何年後かに買えるくらいは貯まりそうなペースできているんですよ!

もちろん、やりがいはお金だけではありません。もっと仕事を覚えて、周りからもっと「あいつは仕事ができる」と認められるようになりたいです。そう思えるのも、尊敬できる先輩がたくさんいるからこそ。そうした先輩にも、認めてもらう為のステップの一つとして、今は、中型免許を取りに教習所に通っている最中で、ゆくゆくは「大型免許」を取る予定!一歩ずつ、自分の能力や価値を高めていきながら、充実した毎日と、充実した将来をつくっていきたいです。


入江 智明

所属 本社
入社年度 2012年
年齢 38歳

「早く帰ってくる!カレンダー通り休める!稼いでくる!いいね!」
…と、嫁が言っていました(笑)

それもそのはず。夕方の5時には、帰宅して家でくつろいでいる、なんてことも珍しくない毎日。お休みはカレンダー通りで、今年のGWもバッチリ連休!労働時間は前職より短くなったのに、収入はUPだから、嫁からの評判もすこぶるいいんですよ、この職場。

入社したのは4年前のこと。前職では、とある魚屋で働いていたのですが、朝が早くて、夜はけっこう残業もあったりで…当時まだ小さかった長男と生活リズムが合わなかったのが転職をしようと思った一つの理由です。そこで求人サイトで見つけたのが「マルアサ梱包商会」。魚屋の前に少しの間ドライバーをやっていたので、やりやすいかな、というのがキッカケ。あとは、他の会社に比べて、給与や福利厚生面が充実していたので、まずは始めてみることに決めました。

ここのドライバーの特徴として、運転だけでなく、石膏ボードを運ぶという仕事の割合が多いことがいえます。そして、結構、重いんですよ、このボード。最初は、建設会社をやっている嫁のお父さんに、「どうせすぐ根をあげるんじゃないの?」なんて、言われていました(笑) 実際、最初は2枚同時に運ぶのがやっと。もちろん、次の日は筋肉痛! それでも現場では自分でなんとかするしかありません。その分、責任を感じますが、忍耐力と体力的なパワーが確実に養われていくのがわかりますね。今では倍の4枚は運べるようになりました!

頑張った分だけそのまま給与に反映されるので、一つ一つの仕事にちゃんとやりがいを感じられるのがここの仕事のいいところ。「稼ぎたい!」と思って仕事を増やせば、それだけお金が貰えます。それは同時に、「ちょっと無理はしたくないな」というときは、ある程度抑えて早めに帰る、という選択肢もあるということです。自分のペースでコントロールできるので、長く安定的に働きやすいんじゃないでしょうか。

カレンダー通りのお休みも、長く働きたいと考えている人には嬉しいですね。仕事も休みも、どっちも充実してこその人生ですから。今年、2人目の子どもが生まれたのですが、今しかない時間をちゃんと共有できています。

そんなこともあって、入社以来、嫁の機嫌もいいかんじ(笑) 無理のないペースを守りながら、これからも家族の為にしっかり稼いでいきたいと思っています!